注文住宅の情報が満載!

土地の探し方とポイント

土地の探し方とポイント 注文住宅を建てたくなったら、まずはしっかりと計画を立て、土地を探すことも始めなければなりません。最初に住みたいエリアを絞り込みますが、その際に大事なのが通勤や通学に不便を感じないか、周辺の施設は何があるのかという点です。それと同時に資金計画も必要であり、予算を立てながらその範囲内で探すことを目指します。人気の場所は高くなりますので、予算を大きくオーバーすることがありますが、その後の建物の費用を考えると予算内に収めた方が安心ですので、予算はあまりオーバーしないように気を付けます。

探す時に注意したいのは、建築物の制限が定められている土地でないかという点です。工業専用地域以外であれば住宅を建てることは可能ですが、第一種又は第二種中高層住居専用区域内の場合には、周辺に高い建物が建築される可能性があります。低層住居専用地域には高層マンションが建つことはありませんが、注文住宅を建てる場合でも高くできません。

注文住宅を買う際見落としがちなポイント。近隣の環境に注意。

注文住宅を買う際見落としがちなポイント。近隣の環境に注意。 夢のマイホームなどという言葉もあるように、住宅購入は多くの人が心を躍らせる人生の一大イベントです。特に間取りや壁紙を自分で選ぶことが出来る注文住宅に憧れる方は多いのではないでしょうか。

注文住宅を購入するにあたり、間取りはどうするか、壁紙はどうするか、そもそもどこの土地を買うかなど決めることがたくさんあります。そのなかでも見落としがちなのが近隣の環境です。工場の臭いがキツイ、野良猫に餌をあげる人がいて糞尿被害がある、右折信号が無いため近くの交差点が渋滞するなど、一度下見に行っただけではわからない難点があるかもしれません。

下見は出来るだけ多く、可能であればその地域に住んでいる人に話を聞く、ネットなどで調べてみるなど入念に下調べが必要です。またご近所トラブルというと厄介な人がいてその人のせいで起こるというイメージですが、自分が原因となってしまう可能性も考慮に入れましょう。例えば注文住宅を建てるのなら、北側のお家の日当たりに配慮する、工事の音で迷惑をかける旨を挨拶に行っておくなど自らの行動がトラブルを避けてくれるかもしれません。

「住宅 土地」
に関連するツイート
Twitter

岩手県住宅検索サイト『イエタッタ』に土地情報が更新されました! サイトを確認 >>

返信先:東日本大震災の時は数年単位で、まず山の奥に仮設住宅を作り、手前の一山削って土地を作り… 高台移転って小高い丘に移転ではなく、一山上に平地を作る所からスタートだったけど。 元々災害に関心がなく現地を見てないの丸わかりƪ(˘⌣˘)ʃ

返信先:うちも土地はあったのでリプします! 家のテーマ(?)が完全に決まってて大手ハウスメーカーでは叶えられなかったので工務店での注文住宅にしました! 2021年1月頃〜カタログ請求、工務店巡り 2022年1月工務店決定、仕様決め 2022年10月上棟式 2023年2月引き渡し、引越し という感じでした!

返信先:連休実家に帰って、「やっぱり家の中に階段があるとちょこちょこ運動になって良いわぁ」とか考えたり、実家近くの土地の価格見てウワアアアってなったりしてた私とは悩みの深さが違う…。 注文住宅のインスタアカウントとか見て気分高めましょう🕺

認知症当人と家族が居住している自宅だとしてもリフォーム、建て直すことはできません。住宅ローンも組めません。 親の土地だからは通用しないのです。 認知症になる前にと言われますが、急な病気、交通事故などの予期せぬ事態で本人の意志確認とれない状態でも同じです。